支払督促申立書を無視し続けると差し押さえもある

借金の返済が滞ると強制執行があるという話を聞いた事があるかもしれません。実際、キャッシングの返済をしないままにしていれば督促があります。電話やメール等で督促してもそれに対する返答がなく、自宅などへの連絡にも応答しないとなるとキャッシング会社側も次の手に出なければならなくなります。

 

とはいっても、映画やドラマのような差し押さえシーンのように、どんどんと家財を持ち去られてしまい家の中が空っぽになってしまうようなやり方はもちろんしません。また、脅迫まがいの怖い取り立てなどのような事もありません。キャッシング会社からの督促をずっと無視しているとどうなるかといえば、まずは支払督促申立書といった書類が郵送されてきます。

 

この書類は裁判所から送られてくる公式の書類で、支払うべき借金の残高と、全額返済する期日が記載されていて、それができないようであれば強制執行をしますといった内容のものになります。これだけ読むと慌ててしまうかもしれません。

 

全額返済ができるような状況であればまず延滞をしないでしょうし、月々の返済にも困っているような時にまとめ全てを返済するのはまず難しいのが現状でしょう。もちろんそれは相手側も承知している事で、この支払督促申立書が届いたからといって、何が何でもすぐに全額返済するしか道がなくなったという事ではないのです。

 

支払督促申立書には、異議申立書という書類も必ず同封されています。ですから、まず最初にすべきなのはこの異議申立書を記入して郵送する事です。その後、裁判所へ行って相手側と同席の上でその後の支払い方法について話し合います。そうすれば、現状の生活状況で支払いがしやすくなるように調整してもらう事が可能になります。

 

もし仮にこの支払督促申立書まで無視してしまった場合には、今度は仮執行宣言付き支払督促申立書が届く事になります。これは借金を全て認めた上で、支払いをしないというのであれば、強制執行しますよといった内容の書類となります。

 

これも支払督促申立書と同様に異議申立書が同封されています。ここで異議申し立てをして相手側との話し合いの場を持って解決しないのであれば、その後本当に強制執行が行われてしまいます。これを無視してしまったら、もう強制執行を止める手立てはありません。

 

強制執行では何が持っていかれるのか

差し押さえとは言っても何を差し押さえるのだろうかと思うかもしれません。お金になるような家財もないし、特別資産もないから強制執行されても持っていくものがないと思う人もいるでしょう。

 

実際に差し押さえの対象になるのは給料や預貯金です。それはさすがに誰でも困る事だと思いますが、これはあくまでも裁判所を通じて行っている事なので、生きるために必要な分まで回収されてしまうといった事はありません。差し押さえの対象になるのは手取りの4分の1ぐらいとなっています。

 

無理のない生活を送っていれば、手取りからそれだけ引かれたとしても、じゅうぶんに生活はしていけると考えるが一般的です。もしも預貯金が残っていればそちらも差し押さえの対象となりますが、借金をしていて返済ができない状況であれば、よほど故意に踏み倒したのでもない限り預貯金はあまりないと考えられます。ですから、差し押さえられるのは給与の一部と考えておくといいでしょう。

 

給与の差し押さえという運びになってしまうと、どうしても避けられないのは勤務先に知られてしまうという事です。これだけは避けたいと考えていたとしても、強制執行ともなってしまうとそのようなお願いも通用しません。借金の取り引きはその人の信用度の表れですから、強制執行に至るまでに借金をそのまま延滞し続けていたという事実が会社に与える悪いイメージはどうしてもぬぐう事ができないでしょう。

 

そのせいで職場にもいられなくなってしまえばそれこそ生活そのものが危うくなってしまうという事態になってしまいます。これは決して大げさな話ではなく、借金返済でここまで来てしまうというのは人生すら狂わせてしまう事もあるという事なのです。そのような事にならないためにも、支払督促申立書が届いたならば、そこから先の対応は是非誠実に行って行きましょう。