限度額を上げるためには真面目な取引実績が必要

申し込んだその日のうちに現金を入手したいと考えているのなら、早めの申し込みと審査に引っかからない限度額で申し込むことがポイントです。限度額が大きいと、収入証明書の提出などが別途必要となり、審査に時間がかかってしまうからです。

 

源泉徴収票などを用意する必要があります

いくら信用情報に傷がないからといっても、取引が初めての申し込み者に対して高額の融資をスピード審査で通す訳にはいきません。限度額が大きい場合は、源泉徴収票、給与明細、確定申告書類などの収入証明書の提出が別途必要となります。

 

総量規制の範囲内での借り入れとなります

キャッシング会社では、多重債務者を出さないように、年収の3分の1までしか借り入れができないという総量規制が法律で定められています。総量規制以上の借り入れを希望する場合は、総量規制対象外の銀行カードローンを利用するしかありませんが、銀行だと審査が厳しくなるので、即日融資は難しくなるでしょう。

 

即日融資よりも限度額を重視する場合は、収入証明書を提出する必要があります

希望する借り入れ額が50万を超える場合と、他社借り入れ合計が100万を超える場合は、収入証明書類を提出しなければいけません。書類は、源泉徴収票、確定申告書類、給与明細(直近2か月分と1年分の賞与明細)で、書類に本人の氏名・勤務先名・年収が記載されているものを用意します。書類は、証明年度が前年度分の新しいものが必要となります。

 

即日融資を優先する場合は

借り入れ額よりも、即日融資を優先する場合は、限度額を50万以下に抑えておくことがポイントとなります。特に、アルバイトや派遣社員の場合は、限度額を30万くらいまでに抑えておくことが重要となります。

 

あまりにも大きな借り入れを希望すると、返済能力の有無や借り入れの用途について疑われてしまいます。

 

信用情報機関に事故情報登録されていないこと

申し込み時には、信用情報機関に照会をして過去の申し込み状況や、事故情報が登録されていないかを調べています。もし、過去に返済遅延や滞納を繰り返していたことがあれば、審査に落ちてしまうでしょう。

 

借り入れ目的によっては、キャッシングではなくて自動車ローンや住宅ローンの方が適している場合がありますが、そうではない場合は、何の目的でキャッシングをしたいのか怪しまれてしまいます。

 

限度額の増額は申し込み後に

キャッシング会社に限度額を少額にして、申し込みをし、順調に返済をして優良顧客であるという実績を作ってから限度額の増額を申し込むのも一つの方法です。例えば、返済日当日に返済するよりも返済日の数日前に返済したり、返済額を多めにしておくとかなり印象が良くなります。

 

また、定期的に借り入れもしておくことで、返済能力のある顧客というアピールに繋がります。キャッシング会社側から、限度額アップの勧誘がくる場合もありますが、その場合は半年以上の真面目な返済実績がないとだめです。