業者から届く書類でばれる?

キャッシングはほとんどの場合20歳以上から利用できます。実は社会人だけでなく学生でも利用できるということです。ただし、学生がキャッシングを利用するためにはアルバイトなどで収入がある必要があります。アルバイトとはいえ収入があれば少額の融資を受ける事は可能です。さらに学生のキャッシングでも手順さえ間違えなければ家族にもバレずに利用する事ができます。

 

キャッシングの利用申し込み時に本人確認の電話があります。この本人確認の電話は自宅ではなく携帯電話で可能となります。たいていの場合は携帯電話を持っているでしょうから問題ないと言えます。また、一人暮らしであれば契約の書類の発送先なども借りている部屋宛に送れば問題ありません。実家暮らしの場合が少し問題になってきます。

 

郵便物の受け取りでキャッシング利用がバレてしまう危険性がある

キャッシングを利用すれば当然契約書の類ができてきます。カードローンであればローン用のカードの受け取りも郵送の場合があり、何度も郵便物を受け取る事になります。「親展」で届くため本来であれば本人以外が中身を確認することはありません。

 

しかし、親展と記載されていても絶対に開封されないとは限りません。そうしたケースは少なくありませんし、何より親展の書類が急に何度も届くような状況を不審に思うかもしれません。親というのは子供の事が心配ですから親展と書いてあってもついつい開封してしまう事があります。業者によっては書類を郵便局留めで対応してくれる場合もあります。こうした対応をしてもらえるか相談してみるのも良いかもしれません。

 

また、キャッシングを継続して利用している優良顧客へはダイレクトメールを送ってくる業者もあります。急にキャッシング関連のダイレクトメールが沢山届くようになるわけですから勘の良い人であれば気付くかもしれません。こうしたダイレクトメールは業者へ連絡して止めてもらうと良いでしょう。

 

このように様々な郵便物が届くことで親にバレてしまうケースは少なくありません。どうしても知られたくない場合は対策のできるキャッシング業者を選ぶ必要があります。特にこうした傾向が強いのは小さな金融機関であることが多く、大手の業者になるほど気付かれにくいようなやり取りをしてくれます。

 

バレないようにするために大手の業者を利用

家族にバレないように利用するためには中小な金融機関ではなく大手の業者を利用した方が良いでしょう。特に大手業者の提供しているWEB完結の申し込みは重宝します。WEB完結型のサービスでは書類のやり取りも全てWEB上で行います。そのため郵便物が一切届きません。唯一ローンカードはどうしても届ける必要がありますが、自動契約機で受け取る事ができるので郵便である必要がないのです。

 

郵便物が一切届かないのであれば実家暮らしでも内緒でキャッシング利用ができるわけです。自動契約機での契約の場合でも申し込みまではインターネットで行えます。申し込みを事前に行っておけば審査の待ち時間がなくなりますからおすすめです。

 

またWEB完結の申し込みをする際にはパソコンである必要がありません。スマートフォン1台で最後まで取引ができるため専用のパソコンを持っていなくても問題ないのです。共用パソコンなどを利用すると履歴などから勘付かれる可能性もあるので注意しましょう。

 

スマートフォンであれば履歴を見られる心配もありませんし、自宅以外の場所で家族の目を気にすることなく申し込む事も可能です。スマートフォンでインターネット申し込みをするのが一番バレにくい方法と言えます。