債務整理を行なうことでの悪い点とは?

自分には借金があり、かつ現在の給料だけではとても返していけそうにない、という人もいらっしゃるでしょう。その方々にアドバイスするとしたら、「あれこれ考えずに債務整理に踏み切ってください」ということです。最もやってはいけないのは、ある会社の借金の返済の為にまた別の会社から借金をすることで、これを繰り返してしまうとあらゆる会社から多額の借金があるという、いわゆる多重債務の状態になり、いつかはどうすることも出来なくなってしまいます。

 

さらにはこのような状態になると、普通の会社からはお金も借りられなくなり、借りられるとすれば、闇金融と呼ばれるところしか借りることが出来ません。しかし、状況が状況なだけに、闇金融と分かりつつも借りてしまう方もいらっしゃるようです。

 

今の状況でも返せない中で、また借金をしたのでは本末転倒です。だからこそ、借金を返せないような状態になったら、他から借りるようなことはせず、法律の専門家との相談の上、債務整理に踏み切って最も良い返済方法となるようにすることが重要なのです。

 

債務整理を行うと、ブラックリストには名前が残ってしまいます

先ほど、借金の返済が行えそうにない場合は債務整理に踏み切りましょう、というお話をしました。債務整理に踏み切ることで、現在存在する借金のうちの何分の一かの金額、或いは全額を返さなくてもよくなり、悪い点は存在しないように思えますが、実はそうではありません。

 

悪い点もいくつか存在し、最も痛いのは、ブラックリストに名前が残ってしまうことでしょう。そして、ブラックリストに名前が残ってしまうことで、どこからもお金が借りられなくなりますので、住宅ローンが組めなくなったり、クレジットカードを利用することも不可能となります。

 

つまり、支払いはすべて自分の現金で行なわなければなりません。また、今回ご紹介した債務整理ですが、これは、どこでも通用する日本国内どこでも通用する制度ではありますが、良いことでないのは確かです。というのも、債務整理に踏み切るこということは、少なくとも借金の一部はなくなるということで、貸した方からすれば何のメリットもありません。そのため、上記で挙げたデメリットというのは、ある意味仕方ないことなのかもしれません。

 

ブラックリストにはいつまでも名前は残りません

債務整理に踏み切ることで、ブラックリストに名前が残り、いくつかのペナルティーを背負うことになるのは前述の通りですが、これは永久に残るものではありません。ある定められた期間が過ぎればブラックリストから名前は抹消されます。そして、抹消されることで、名前が載せられる前と同様に普通にお金を借りることも出来るようなります。

 

ここで、気になってくるのは抹消されるまでの期間かと思われますが、期間について明らかにされてはいません。ただ、5年ぐらいは残ると思っていただいて問題ないでしょう。では、次に今回ご紹介している債務整理についてもう少し詳しく見ていきます。

 

債務整理と一言で言っても、これには3つの方法が存在し、具体的に挙げるなら、任意整理・個人再生そして自己破産となります。これらの中では、任意整理と個人再生がまだ軽い方で、返済の計画に関してもう1度検討した上で最適な返済を行なっていく方法であり、一方自己破産は必要最小限のもの以外は全てお金に換えて残った分について、返済を免除してもらうといった方法になります。

 

また、これらを行なった際のブラックリストに残る期間ですが、任意整理・個人再生の場合は、これを行ない借金を全部返し終わってから5年間はブラックリストに残り、自己破産の場合は、支払いの免除が正式に決定してから5年間と言われています。

 

しかし、5年を迎えれば必ずしも自然と抹消されるわけでもなく、若干の遅れてしまうこともあります。ただ、5年と言えばかなり長い期間でもあるので、いつの間にか消える日など頭の中には残っていない場合も多いかもしれません。以上でお話は大体終わりとなりますが、この先クレジットカードの申込み、或いは消費者金融等からお金を借りることがあるかもしれません。

 

その時は、必ず自分の信用に関しては確認してほしいです。信用に関する情報は管理しているところが決まっていて、そこに開示してほしい旨を申し出れば知ることが出来ます。そこでもし、万が一ブラックリストに残っているようであれば、クレジットカード等の申込みは再検討した方が良いでしょう。

 

そして、この際最も気を付けたいのは、ブラックリストに名前が残っているような方をターゲットとした広告であって、こういった広告に載っている会社は大方が悪徳な会社(闇金融)ですので、決して借りるようなことはしないでください。